MENU
KOBE豚饅サミットについて

発足の経緯と主旨

KOBE豚饅サミット®は、南京町『老祥記』、神戸元町『四興樓』、『三宮一貫楼』の老舗3店舗が神戸名物である「神戸の豚饅」を通し、神戸の街を更に元気に、そして2011年3月11日の東日本大震災の被災者の方々の少しでも力になれれば、という願いをこめた神戸元気UP!プロジェクトです。

11月11日は『豚饅の日』

豚饅の発祥の地・神戸の豚饅のPRが目的とし、日付は豚饅の原材料の豚の鼻の形が(11)で11に見えることから、それを並べた11月11日を「豚饅の日」として日本記念日協会に認定いただきました。

公式キャラクター『つつむん』

KOBE豚饅サミット®のオリジナルキャラクターを、兵庫県のマスコット「はばたん」の作者でもあるJUNBOwさんが作成してくださいました。「つつむん」の名前は公募で決定しました。

第1回KOBE豚饅サミット®2011

【販売店舗】4店舗

【クィーン】下村あすみさん、李艶清さん

【被災地支援】宮城県気仙沼市

【運営から】記念すべきKOBE豚饅サミット®の第1回目!発起人3店舗と甲南大学の、4種類のオリジナル豚饅を販売!
前夜祭では豚饅早包みコンペティションやKOBE豚饅娘コンテストを初開催し、2名のKOBE豚饅娘が誕生!

サイトはこちら>>

第2回KOBE豚饅サミット®2012

【販売店舗】12店舗

【クィーン】原 三恵子さん、遠藤百華さん

【被災地支援】宮城県気仙沼市

【運営から】第1回の反響の大きさを受けて、神戸の老舗中華料理店や、横浜・長崎・仙台からの参加など、合計12種類のオリジナル豚饅を販売!

サイトはこちら>>

第3回KOBE豚饅サミット®2013

【販売店舗】13店舗

【クィーン】一条菜都実さん、藪田 冴さん

【被災地支援】宮城県仙台市

【運営から】神戸からの参加店舗が拡大し、合計13種類のオリジナル豚饅を販売!
前夜祭では有識者を交えての「食のシンポジウム」を開催。

サイトはこちら>>

第4回KOBE豚饅サミット®2014

【販売店舗】15店舗

【クィーン】大西杏奈さん、福永裕貴さん

【被災地支援】宮城県名取市

【運営から】参加団体数がさらに増え、過去最大、合計15種類のオリジナル豚饅を販売!
販売場所も増え、大丸神戸店1F北側外廊で初開催!

サイトはこちら>>

第5回KOBE豚饅サミット®2015

【販売店舗】14店舗

【クィーン】坂田百合子さん、三好里帆さん

【被災地支援】宮城県気仙沼市

【運営から】豚饅発祥100年を迎えたこの年。
ダチョウ倶楽部の皆さんが豚饅100年大使としてPRを実施!

サイトはこちら>>

第6回KOBE豚饅サミット®2016

【販売店舗】13店舗

【クィーン】友田朱音さん、谷口絵理奈さん

【被災地支援】熊本県益城町

【運営から】熊本地震の発生を受け、熊本の皆さんに神戸から笑顔を届けるために、熊本の食材を使ったオリジナル豚饅など合計15種類のオリジナル豚饅を販売!

サイトはこちら>>

第7回KOBE豚饅サミット®2017

【販売店舗】13店舗

【クィーン】岡田小夏さん、中田好美さん

【被災地支援】熊本県熊本市

【運営から】新しいイベントとして「KOBE豚饅サミット®ウィーク」を初開催!
神戸のパンの名店とコラボしたオリジナル豚パンの販売やスタンプラリーなどを実施!

サイトはこちら>>

第8回KOBE豚饅サミット®2018

【販売店舗】13店舗

【クィーン】中込 夢さん、山尾明帆さん

【被災地支援】熊本県熊本市

【運営から】新しい試みとして、くじ付きの豚饅コンプリートセット「まんぷくBOX」を販売!

サイトはこちら>>

第9回KOBE豚饅サミット®2019

【販売店舗】15店舗

【クィーン】久保田渚さん、小田彩湖さん

【被災地支援】兵庫県神戸市

【運営から】「KOBE豚饅サミット®ウィーク」が拡大!
イタリアンやフレンチなど神戸の様々なお店に協力いただき、豚饅にちなんだオリジナルメニューを販売!

サイトはこちら>>
page top